藍色の空間

魂にメスはいらない

『人の心はどこまでわかるか』

心の問題集&回答集!!悩み、傷つく心を知ると、自分も他人も見えてくる!!人間の心がいかにわからないかを骨身にしみてわかっている「心の専門家」である著者が、「人の心とは何か」に心理療法の現場から答える!! (Amazonより)

 

人間の心がいかにわからないかを骨身にしみてわかっている者が、「心の専門家」である、と私は思っている。(中略)これに反して素人は「わかった」と単純に思いすぎている。というよりは「わかった」気になることによって、心という怪物と対峙するのを避けるのだと言っていいだろう。(P6)

 

そのときは、「なんと当たり前のことしか言わないのだろう、もっと深淵な答えを言ってもらいたいのに」と思いましたが、あとで自分にもわかってきたのは、そういう質問に対しては当たり前のことしか言えないということです。つまり、そういう問いに対する、これだと思うような答えは、自分でしか見出せないということです。(P6)

 

 また、自分の傷つきやすさを、鋭敏さと誤解して、自分は弱い人の気持ちがよくわかるので、そのような人の役に立ちたいと思うような人も問題です。たしかに、傷のある人は他人の傷の痛みがよくわかりますが、そのようなわかり方は治癒につながりません。傷をもっていたが癒された人、傷はもっていないが傷ついた人の共感に努力する人、などによってこそ心理療法は成り立つのです。(P34)

 

ある高校生が私と会って家に帰ったあと、家族から「どうだった?」と聞かれて、「不思議な人に会ってきた。どこへ飛んでいっても、ちゃんとはたにいるような人だった」と言ったそうです。(P58) 

 

だから、私は、治っていく人には必ず、「治ることの悲しさ、つらさもあるのですよ」という話をします。(P87)

 

私たちは、高所恐怖症の人が来ても、階段をのぼらせたりしません。「一歩ものぼれません」というクライエントの話を❝無為に❞聴いているだけです。(中略)相手が階段が一歩ものぼれないということを聴いて無為でいるというのは、普通の人にとっては非常にむずかしいことですが、その大変なことをやるのがプロです。(P106)

 

どんな場所で心理療法をやっていても、こういう問いかけが出てきて、それを考えつづけることがわれわれの責務とも言えます。もちろん、答えは簡単には出てこないかもしれませんが、そういうことを考えるのをやめたら、心理療法家はだめになってしまいます。(P140)

 

何度も自分の資質に懐疑的になることはあっても、一本の筋だけはずっと通っているもので、私の場合、それはユングの理論です。これまでにも、壁にぶちあ当たることはあっても、「もうユングではやっていけないのではないか」と思ったことはありません。(P208)

 

 

人の心はどこまでわかるか (講談社+α新書)

人の心はどこまでわかるか (講談社+α新書)