藍色の空間

魂にメスはいらない

優等生ではいられない

子供の頃から脆弱ではあったけれども、そこそこ“いい子”だったのだという自覚はある。

軟弱だけどいい子。

でも振り返ると、いい子の反面脆さを抱えた私は社会に出た途端に破綻したように思う。

今思えばそこから“旅”は始まっていたのだろう。

 

時折顔を覗かせる私の中の優等生。

それは今も健在で、多くの場面で私を助けてくれた。

それは確かなのである。

が、反面、足を引っ張るではないが生き方をややこしくしてもくれた。

客観的にみれば、「そんなにいい子でいなくとも良いのだよ」と声をかけたくなる。

 

今は、優等生が顔を覗かせても自らに嘘をつけないまでになってしまった。

それだけ病んだ、困った、立ち止まったということでもあるし、ここから新たに変化する兆しとしたいのだけれども、果たしてどうか。

 

自分の心に嘘も吐きたくないし、無理もさせたくないし、優等生を保つことはもう叶わんと近頃は思うのだ。