藍色の空間

魂にメスはいらない

2017-06-02から1日間の記事一覧

そんな残酷なことはしなさんな

人との関わり合いの中で、時として「仕返し」をしたくなる瞬間がある。 過去に自分がお付き合いをしていた人達を思い返すと、見事に包容力のないタイプの人ばかりで、もしも今逢えたなら(逢いたくないが)仕返しの1つもしたいと思ってしまう。 幾年も経っ…

『大人の友情』

あなたは友人の出世を喜べますか? 人はなぜ裏切るのでしょう? 夫婦、男女、そして上司と部下の友情とは? 人生を深く温かく支える「友情」を、臨床心理学の第一人者が豊富な経験と古今東西の文学作品からときほぐす、大人のための画期的な友情論(Amazonより…

『こころの処方箋』

「耐える」だけが精神力ではない。心の支えは、時にたましいの重荷になる。――あなたが世の理不尽に拳を振りあげたくなったとき、人間関係のしがらみに泣きたくなったとき、本書に綴られた55章が、真剣に悩むこころの声の微かな震えを聴き取り、トラブルに立…

『マンガユング「心の深層」の構造』

河合隼雄先生の本を読むとき、やはりユングの分析心理学のことは通らないではいられない。 が、しかしいきなりユングの著書を読んでも、専門家ではないのでそう簡単には理解できない。 当著書は、ユングの生涯を漫画で描きつつも、ユング心理学を分かりやす…

『魂にメスはいらない』

つまずくこともある。病むこともある。自分の内にありながら、どこかとらえどころのない人間の心。“魂の医者”カール・グスタフ・ユングがひもといた人間心理の謎を、日本を代表する“こころの専門家”と“こころの表現者”が、深い独自のまなざしでたどり、見つ…